プログラミングスクールに通って転職をすることは本当に可能なのか?|転職におすすめのスクールも紹介!

転職サポート付きプログラミングスクールってどうなの?

本当にプログラミングスクールで転職をすることってできるのかな?

転職をするためにプログラミングスクールに行くメリットって何だろう?

この記事ではそういった疑問に答えていきます。

私は以前、スクールでプログラミングを学んでいました。

プログラミングスクールで転職をすることは可能なのでしょうか、またそれはどのくらいの成功率なのでしょうか?

プログラミングスクールで転職をすることは可能なのか?

まずはおそらくあなたにとっても最大の疑問点である「プログラミングスクールに通えば転職は成功するのか?」ということから解説していきます。

いきなりですが、結論を言ってしまうと「できます。

少し前まではプログラミングスクールというと、その名の通りプログラミングを学ぶ場所だったのですが、最近は転職エージェントを持ったスクールが増えてきており、そういったスクールに通って卒業までやり遂げればほぼ間違いなく転職は可能です。

タク
最近はどのスクールでも転職成功率はほぼ100パーセントに近いですものねえ

ただ注意点として、転職エージェントを持ったスクールは転職を可能にするレベルまで鍛えてくれるということもあり、授業料もそこそこ高いです。

本当にそのくらいの料金を払ってまで転職をする必要はあるのか、転職をすることにその料金以上のメリットは本当にあるのか、そういったことに関してはスクールに入会する前によく考える必要はあるでしょう。

無料体験が受けられるプログラミングスクール

プログラミングスクールを利用して転職をするメリット

続いてはプログラミングスクールを利用して転職をするメリットについて以下の3点を紹介していきます。

メリット
  • 最短での転職が可能
  • モチベーションを維持できる
  • 様々な人の意見が聞ける

最短での転職が可能

まず1つ目はなんと言っても、最短での転職ができるということでしょう。

基本的にどの転職用プログラミングスクールでも、3〜4ヶ月くらいでの転職が可能です。

タク
もちろん、長期間かけてじっくり学んでいくコースもありますよ。

本来は理解するのにかなりの時間を要する部分でも、メンターの指導やスクール独自のテキストにより短時間で学ぶことができるのです。

さらには短期間で徹底的に学んでしまうので、知識の定着もその分に速いと考えられます。

「今すぐに転職したい」、「ダラダラ転職活動をするのは嫌だ」、そのように考えている方はプログラミングスクールを使って転職をするのが良いでしょう。

モチベーションを維持できる

そしてモチベーションを維持したまま学習が続けられるというのも、プログラミングスクールに通って転職を目指すメリットの1つですね。

いくら3ヶ月での転職が可能だからといって、あなたはその3ヶ月間を一人で集中して学習を続けられる自信はありますか?

おそらくないでしょう。

一人で学習を続けるというのは非常に難しいことだと思います。

しかしプログラミングスクールに通えば、周りには一緒に転職を目指す仲間もいますし、悩みがあったときに相談できる頼もしいメンターや講師の方もいます。

だから、モチベーションを高く維持できるのです。

さらにほとんどのスクールでは教室の利用も可能だと思います。

家で学習をすると確実にダラけてしまうという方は多いのではないでしょうか?

そのような方は出来るだけ教室に通って学習をするのがおすすめです。

人は環境に左右されやすい社会的な生き物なので、周りの人が勉強をしていたら自分も勉強してしまうでしょうから。

様々な人の意見が聞ける

最後は様々な人の意見が聞けるという点です。

正直、これがもっとも大きなメリットかもしれません。

プログラミングスクールに通って転職を目指せば、一緒に学習する仲間やメンター、あなたの転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーなど、本当に様々な人とあって話すことができます。

これらはあなたの大きな安心ともなるでしょうし、自信ともなるでしょう。

タク
確かに転職って不安なことばかりだから、サポートしたり相談できる相手がいるだけでも安心できますよね

こういった経験はあなたの人生における価値観にも良い影響を与えてくれます。

このように、転職にプログラミングスクールを利用することは様々なメリットがあるのです。

プログラミングスクール経由で転職をする方法について

では実際に転職をするに当たって、プログラミングスクールからの転職をするのにはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは以下の2つの方法を紹介させていただきます。

転職をする方法
  • プログラミングスクールで学習をした後、自分で転職活動をする
  • 転職サポート付きプログラミングスクールを最初から利用する

プログラミングスクールで学習をした後、自分で転職活動をする

1つ目はプログラミングはプログラミングスクールで学び、転職活動は転職エージェントなどを利用し自分で行うという方法です。

この方法では、確かに転職支援付きプログラミングスクールのような受講料の高いスクールに通う必要はないので、そういった料金面では良いかもしれません。

ただ、転職活動は自分で行うため、転職サイトや転職エージェントに登録したり、企業をリサーチしたりするのに手間がかかるという懸念点もありますね。

こういったことにでも耐えれるという方ならば、自分で転職活動は行うという選択をしても良いでしょう。

転職サポート付きプログラミングスクールを最初から利用する

そしてもう一つの方法が転職支援付きのプログラミングスクールを利用する方法ですね。

正直、こちらのほうが圧倒的におすすめです。

というのも、こちらの方法のほうが手間はかからないですし、その上に転職成功率も高い。

さらには、これはスクールによってなのですが、転職を成功すればスクール受講料がいくらか返ってくるなんてこともあります。

タク
料金が返ってくるなら絶対こちらのほうがいいですよね

やはり、転職を決断したからには多少高いお金を払ってでも、こういった転職サポート付きのスクールに通うメリットは十分にあると考えて良いでしょう。

転職に強いおすすめのプログラミングスクール3選

最後におすすめの転職サポート付きプログラミングスクールを紹介していきます。

今回、紹介させていただくのは以下の3つのスクールです。

転職に強いプログラミングスクール
  • テックキャンプ エンジニア転職コース
  • DMM WEBCAMP
  • TechAcademy

テックキャンプ エンジニア転職コース

まず1つ目はテックキャンプ のエンジニア転職コースです。

テックキャンプ の最大の特徴としては、やはり短時間で集中的に質の高い学習ができるという点ですね。

このスクールでは最短で10週間での転職が可能となっています。

タク
10週間だったら継続力に自信のない方でもなんとか耐えられるのではないでしょうか?

さらには1人の生徒に対して、プログラミングを教えてくれるメンターと学習進捗具合を管理してくれるメンターがいるので、一人一人の生徒へのサポートもしっかりとしていることがわかるでしょう。

DMM WEBCAMP

続いてはDMM WEBCAMPです。

DMM WEBCAMPでは主に20代の生徒を対象とした転職サポート付きプログラミングスクールとなっています。

そしてDMMグループならではの転職先があり、優良企業が多いのが特徴です。

さらには転職保証もついており、転職に失敗した場合は20代なら全額返金となります。

タク
転職保証がついているのはかなりの安心材料と言えますね。

あなたの希望した通りのエンジニアとして転職をしたいのならDMM WEBCAMPがおすすめです。

TechAcademy

最後の3つ目の転職サポート付きプログラミングスクールはTechAcademyです。

TechAcademyはオンラインプログラミングスクールの中でも最大手となっていて、通える範囲にプログラミングスクールがないという方や、時間的に通う暇がないという方などにおすすめのスクールですね。

そしてオンラインのスクールということもあり、料金は先ほど紹介した2つのスクールよりも安くなっています。

オンラインを希望する方には、やはりおすすめのスクールでしょう。

まとめ

今回の記事では、プログラミングスクールでの転職について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職や副業が当たり前となっていくだろうこれからの世の中で、プログラミングは重宝されるスキルとなってくることは確かでしょう。

ぜひ悩んでいる方はまずは無料体験だけでもいいので、一度スクールに行ってみることをおすすめします。




僕も通いました
プログラミングスクールの体験談多数|評判や口コミをぶっちゃけています

「プログラミングスクールってたくさんある」「どこにするか迷う」そんな方向けのコンテンツをたくさん用意しています。